短期出張に活用しよう

仕事をしていると、特に男性の方は職種によっては転勤がある仕事も多くあるように見受けられます。 例えば、支店が全国各地にあり、支店から支店への異動や本社への異動など、さまざまです。期間も仕事や内容によって大きく異なり、何日間かだけの短期出張の場合もあれば、長期にわたる転勤の場合もあります。そんなときに一番重要なことは住まいです。家族がいて、家族と一緒に引っ越しをするというわけにもいきません。長期ならばそれも可能ですが、短期の場合は単身赴任をすることになります。そうなると、まず転勤や出張の前に現地の住まいを探す必要があります。現地に親戚や知り合いがいて、何日間かだけ泊めてもらえるというのならばなんの問題もないのですが、そうでない場合は一から探す必要があります。会社で契約しているアパートや寮などがなければ、自ら探さなければなりません。 そんなときに、通常の賃貸とマンスリーマンションを選ぶ必要があります。通常の賃貸ですと、敷金礼金や管理料、または定期的な更新料などが費用としてかかってきます。長期で赴任するのならば普通の賃貸を探すことになりますが、短期の場合に普通の賃貸を契約するとなると、なにかとデメリットがでてきてしまいます。短期間だけのためにそれらの費用を支払い、また生活に必要な一式を揃えるとなるとかなりの出費になってしまいます。しかし、マンスリーマンションですと、たくさんのメリットがあります。家具も備え付けのところも数多くあり短期間だけの住まい専用のプランなので、なにかとお得なところがたくさんあります。

>RECOMMENDED

 

マンスリーマンションは自炊が可能

出張が多い企業において、マンスリーマンションの活用は重要であります。長期間の出張が伴う場合、ホテルに宿泊するよりはマンスリーマンションを活用したほうが経費の削減になります。 マンスリータイプのマンションは1ヶ月単位で契約するマンションであり、普通のマンションと異なるのは家具や家電などの生活をする上で必要な設備が予め揃っていることであります。入居者はホテルに泊まる準備と同じ準備で長期間住むことができます。また、通常のホテルと異なるのはキッチンが備え付けられていることです。ホテル住まいは基本外食ですが、キッチンが管理されているため食材を購入して、自炊ができますので、食費も抑える手助けとなってくれます。このマンスリータイプのマンションについては、特に効果が高いのは都内であり、都会に近づくほどホテルの料金にかかる費用が多くなる傾向がありますので、マンスリータイプのマンションの活用が有効です。 ロケーションについても大抵駅の周辺に立地しているケースが多く、すぐ駅に移動できるアクセスの面で大変優れております。また、数に限りがありますが、駐車場を管理している物件もありますので、車での移動が伴うことにとっても問題なく利用できるでしょう。 もちろん、企業勤めの方だけではなく、長期で旅行を考えている人などにもメリットはありますので、長期間のホテル利用を計画している人はぜひ活用することを検討した方が良いです。